カテゴリー:断捨離全般
家庭での食品ロス対策で食費も節約できる

コンビニやスーパーでの食品ロスが話題になっていますが、家庭から出るフードロスも多いようです。買いこんで、食べきれずに捨てる経験は誰もがしているでしょう。

 

家庭対策をすれば、断捨離だけではなく、食費節約できます。今日は、食品ロスを減らすための方法をお話します。

 

我が家も食品ロスが多かった

以前は、我が家も食品廃棄が多い時期がありました。

 

食品棚には、物がいっぱいで奥に何があるのかも分からないぐらい。
自分で買った物は、ほとんど食べきっていたけど、苦手なもらい物は消費期限が切れるまで放置されていたりして。もったいないことをしていたと反省しています。

 

冷蔵庫の奥にも、いつもらったのか分からなくなった古いジャムが入っていたり、冷凍庫にもいつ入れたのか分からない古い食品が出てくるしまつ。

 

とにかく食品の管理がずさんだったのです。

そこで、ロスを減らすために何ができるのかを考えてみました。

 

家庭での食品ロスの対策

本来、食品は食べきれるだけ買うのが理想ですが、ライフスタイルによっては、買い物にひんぱんに行けず、まとめ買いをしている人もいます。

 

そこで、私が実践して効果があったやり方をご紹介します。

 

買い物に行く前に在庫を確認

買い物に出かける前に、冷蔵庫や冷凍庫、食品棚に何がどれぐらいあるか在庫を確認します。

 

在庫チェックをせずにでかけると、ないと思って同じ食べ物を買ってしまうことも。
在庫が頭に入っていれば、同じ物を買ってしまう失敗もなくなり、廃棄する量も少なくなります。

 

買い物リスト以外の食品にはマイルールを

買い物に行く時は、買い物メモやリストを作っていく人も多いでしょう。家の近くにスーパーがあって、毎日のように行ける環境ならばいらないかもしれません。

 

私は田舎住まいなので、買い物は1週間に1回です。コンビニは歩いていける距離にありますが、スーパーは歩いていくには遠いのです。なので、買い忘れがないように、リストを作って行ってます。

 

ところが、スーパーに行くとセールでリストに載っていない商品がお買い得になっていることもあります。そんな時に必要ない物まで買い過ぎた経験はありませんか?

 

私は無駄な物を買わないように、買い物リストにない商品を買う時は、2品までとマイルールを作っています。

 

なぜなら、衝動買いした商品は買うはずではない物。使わずに消費期限を迎える可能性があるからです。ほんとはリストに載っている物だけ買えば十分なので、対象外の食品は少しだけでも問題はないはずです。

 

使い切れない食品への対策

消費期限が短い食品を捨てたことがあると思います。

何をよく捨てたのか思い出してみて下さい。使いきれなかった食べ物は、大抵同じような物ではないでしょうか?

 

私はもやしを1回で使いきれず、野菜の中でもいたみやすいので、捨てたことが数回あります。

 

ある時、冷凍にしたらいいのでは?と思い立ち、実践したのですが、味が今一つ。だから、思い切ってもう買わないことにしました。結局、もやし自体があまり好きじゃなかったの。

 

買わないのは極端かもしれませんが、他の方法は

・冷凍保存する
・買う頻度を減らす
・使い切って、多めに料理を作り、次の日に残り物をアレンジ
・常備菜を作るなど

調味料の断捨離

前から使いきることができない調味料を何とかしなきゃと思っていました。

 

そこで、4種類の調味料を断捨離することにしました。

ドレッシング、お好み焼きソース、焼きそばソース、タルタルソースの4つです。

 

では、どうやってそれらを代用するかと言うと、手持ちの調味料を合わせて作ります。作るといっても、ほとんど混ぜるだけなので手間もほとんどかからないんです。

 

ドレッシングーオリーブオイルとりんご酢、塩を合わせる。
お好み焼きソース-ケチャップとウスターソースを混ぜる。
焼きそばソースー顆粒だしとウスターソースを入れて作る。あっさり味が好きなので、2人分で顆粒だしは5グラムしか入れません。
タルタルソースーマヨネーズに刻んだらっきょうとゆで卵を混ぜる。

 

使用頻度が少ないので、買っても全部使いきれない時があり、前からもったいないと思っていました。そこで、調味料の断捨離を実践したというわけです。

 

断捨離を成功させるコツについて書いています⇒断捨離を成功させるやり方やコツは?

 

今では食品ロスが激減

これらの対策を実践してからは、食品廃棄が激減しました。

冷蔵庫も食品棚も何がどこにあるのかがすぐ分かるので、使い勝手もいいし、気分良く料理もできます。

 

食べ物を捨てるのはもったいないこと。これからも廃棄量を減らすべくさらに工夫していきたいと思います。

「捨てるのはもったいないので部屋の片付けができない」考えの断捨離

「断捨離で、物を捨てるのはもったいない。ものは大切に使わなくてはいけない」

 

その結果、いらない物まで捨てずに部屋片付けがとどこおり、物が増え続けることに。頻繁に物を買わないでも物が増えるわけがあるのです。

 

要らない物が増える理由

私は買い物をあまりしませんが、家に多くのものがありました。
自分で買ったものだけでなく、もらい物もいっぱいあったからです。

 

例え現在、ほとんど買うことがなくても、今まで生きてきた何十年分のものが家にある。そのため、意識して捨てなければ、たまる一方です。

 

家の中にいらないものがあるのは、買い物をし過ぎているからとは限りません。日本に生きている限り、ものが増加する環境にあるのです。

 

日本は贈り物の機会が多い

誕生日、母の日、父の日、旅行のお土産、クリスマス、バレンタインデー、結婚祝い、出産祝い、入学祝いなど。日本人は、贈り物を送り合う機会が意外と多い。

 

プレゼントは、自分が気に入らないと、必然的にいらないものが家に増えていきます。もらったものを捨てるのは、ドライに感じてしまうのも一因です。

 

興味や関心は移り変わる

興味や関心事は、時間と共に移り変わります。20年前、10年前に夢中になっていた音楽と今好きな音楽とではテイストが異なりませんか?

 

趣味だって同じ。私は20代~30代前半までは、旅行が趣味でしたが、30代後半以降は観劇に変わりました。道具の必要な趣味ならば、趣味が変わるたびに道具一式が増えて、クローゼットに収納されます。

 

体型も似あうデザインも変わる

年を重ねると、体重も増加傾向にあり、体型も次第に変わっていきます。自然に似合うデザインも変わってきます。

 

だから、2、3年前に似あっていた服でさえも今着てみると顔映りが今一つなのです。ものが増えやすい環境にあるのに、買い物好きだと雪だるま式で物が増加することに!

 

部屋の片付けをしないともったいない理由

物が多い暮らしをしていた私も断捨離をして、シンプルな暮らしに近付きつつあります。

 

振り返ると、20代~30代まではものを買っては、増やしていた時代でした。
今よりも人付き合いの範囲も広かったから、頂き物も多かった。

 

でも、ものをいっぱい持っていても充足感は感じません。

特に、もらったものは捨てるのにためらわれました。

 

その状態が居心地が悪くて、「これでいいの?」と疑問を抱きました。そして、むしろ不用品をいっぱい持っている方が良くないという結論に至りました。

 

使わないで保管するから

ものは使うためにあります。そのため、押入れやクローゼットで眠っているものは全く役目を果たしていません。使わないなら、リサイクルショップ、フリマアプリで他の人に譲り、循環させるのがベター。

 

管理に時間を取られるから

ものがたくさんあればあるほど管理に時間を取られます。掃除もしにくいです。さらに、手入れをしないと、劣化するものもあります。使っていないものやこれからも使わないものに、時間を取られるのは馬鹿らしいと思いませんか?

 

場所を占領されるから

少量ならば、場所をとらないものでも大量にあれば、話は違います。物に部屋のスペースを奪われてしまうのです。

 

ひどいケースだと、物に場所を取られ過ぎて、部屋が狭くなってまで不自由な生活をしている人までいます。そんなに不便な思いをしてまで取っておきたい価値があるものでしょうか?

 

無駄使いが多いから

ものが多く、どこに何があるか分からない家に住んでいると、同じものを複数買ってしまいます。家にないものを買うならまだしも、既にあるものを買ってしまったら後悔もしますし、もったいないですよね。

 

知り合いの家では、狭い家からはさみが8個も出てきたそうです。1人で住んでいるのにそんなにはさみはいらない。シンプルでミニマムな生活をしていれば、ものの場所を把握できるので、同じものを買う失敗はなくなります。

 

ストレスを感じながら生活するから

不用品をいつか処分しなきゃと思いながら実行しない自分を責めて、不快な気分になります。いらないものが視界に入ると、気分が滅入るし、自宅がストレスがたまる空間に。

 

断捨離をして、ものの処分がもったいないと思ったら、今後の買い物で慎重になります。

 

そして、ものを大切に扱うようになります。ろくに使わないで、処分する痛みを繰り返したくはないからです。

 

もったいないは美徳でもありますが、断捨離をする上で妨げにもなり得ます。

私が一番優先したいライフスタイルは、心地良い生活をすること。だから、ものを減らすようにしていきたいのです。

物を減らすコツ~頂き物の断捨離はどうする?

物が増える理由の一つに頂き物があります。
あまり買い物をしなくても、今まで何十年と生きてきたわけですから、捨てる機会がなければ必然的に物が増えていくわけです。

 

そこで、頂き物について物を減らすコツをお話します。

 

物をあげるのは果たしていいことなのか?

 

物を買っておまけがついてくるのは、個人的にはうれしくないですね。
おまけは、欲しくない物が多いです。

 

通販で商品に付いているおまけも、欲しい人だけ選択できるといいのになぁといつも思います。むしろいらない物をもらうよりも、おまけの分だけ商品の値段を安くしてくれた方がよっぽどうれしいのに!

 

友達や知り合いとの贈り物のやり取りも、不用品を増やす原因になっています。
プレゼントが、コミュニケーションを円滑にする上で、ある程度は役目を果たしているのは理解できますが、物をあげればいいというものではありません。

 

本音を言うと、いらない物をもらっても家に不用品が増えるだけで迷惑ですし。

 

そんな私も若い頃は、よく友達と物をあげたり、もらったりしていました。
相手によっては、「そんなにしてくれなくてもいいのに」と思われていたのかも。反省しています。

 

今は、物をおくると相手が「お返しをしなきゃ」と負担を感じる可能性もあるので、極力プレゼントは控えています。お互い無駄な出費は少ないに越したことはありません。

 

「あげようか?」と言われた時の対処法

人から「あげようか?」と言われた時に断りにくい人も多いでしょう。
そういう時は、断ると気まずくなる、人間関係が悪くなるかもと考えています。

 

でも、反対の立場だったらどうでしょうか?
いらないと断ったぐらいで相手を嫌いになりますか?

 

それぐらいでは、嫌いにはならないですよね。

 

物をもらいたくない時の角が立たない断り方の例です。

 

物の場合

  • 同じ物、似た物をもう持っている(持っていなかったとしても)
  • 断捨離中で、物を増やしたくないから
  • 家が狭いので、置き場所がないから

 

食べ物の場合

  • ダイエット中だから
  • アレルギーで砂糖断ちをしているから
  • 健康上の理由で食事制限をしているから

 

化粧品の場合

  • 敏感肌で、使える化粧品が限られているから
  • 自分にぴったりの化粧品を使っているから

 

大抵、このように断れば相手もしつこく勧めてはこないはず。
私の経験上、人間関係が悪化することはありませんでした。

 

断捨離を成功させるコツについて書いています⇒断捨離を成功させるやり方やコツは?

 

頂き物の断捨離のコツ

頂き物は、いらない物が増える原因の一つです。もちろんもらってうれしい物もありますが、好みでない物の方が多いです。

 

私が物を増やさないように心掛けていることは、

 

郵便、DM

基本的に、郵便やダイレクトメールは、受け取った日にいるか、いらないかを判断します。

 

いらない物は、個人情報を守るためにシュレッダーにかけて捨てます。長期保管が必要な物を除いて定期的に処分します。

 

・DM→受け取った日に処分、生活必需品の割引券がついているものだけ保存

・役所関係→1年保存し、次の年の書類がきたら処分

・銀行や保険→1年保存して、処分

 

領収書

領収書も、何年もためないように定期的に処分をしています。

 

・買い物の領収書→1年保存して、処分

・病院の領収書→2年保存して、処分

 

はしやスプーンなど

コンビニやスーパーで買い物をすると、つけてくれるはしやスプーン。

「はしはいいです」と断わり、黙って袋に入れてくれたら、袋から出してお返しします。あくまでソフトに断っています。

 

とにかく家に持ち込まないのが肝心です。

 

おまけでついてくる物

通販やお店で買い物をした時に、ついてきたおまけもいらない物候補。買った商品は必要でも、おまけはいらない可能性が高いのです。これは使わないなと判断したら、即処分。

 

お祝いやお祝い返しでもらった物

もらい物は、押し入れやクローゼットなどの収納に入れっぱなしにすると、時間と共に存在を忘れてしまいます。

 

すぐに使えそうなタオルなどは、しまわないで目につきやすい所に置いておきます。陶器のコーヒーカップは、母のお世話になっている施設に寄付をしました。家族が施設におられる方は、寄付できる物品を確認してみてはどうでしょうか?

 

プレゼント

プレゼントでもらったものの、使っていない物ってありますよね。1年使わない物は、その先も使わない可能性が高いです。他の人にあげたり、メルカリで売った方が物も有効活用できます。あげた人は意外と何をプレゼントしたか覚えていませんので、心配しなくても大丈夫です。

 

お土産

旅行のお土産は、お菓子が多いですが、お菓子は消え物なので、問題なしです(好みかどうかは別として)

 

注意しなければいけないのは、物をもらった時。

 

経験上、お土産でもらう品物は、引き出しかクローゼットに入れたまま存在を忘れてしまいます。これでは、不用品がたまっていくばかりですよね。

 

だから、お土産でもらった物は、気に入らなかったら早めに処分しています。

 

頂き物を断るには、少しの勇気がいりますが、意外と人は気にしていないものです。物を減らすために、あなたは何から始めますか?

断捨離した服の枚数は?断捨離から失敗しない服選びのコツを発見

私は数年前に断捨離をして、枚数を半分ほどに減らしました。

最近着られなくなった服が増えてきたので、断捨離をまた始めることにしました。

 

すると、断捨離から失敗しない服選びコツも見えてきたのです。

 

「服の所持数は何着?」まず現状を知る

8年前に断捨離をしてから、あまり服を処分した記憶がありません。
服を頻繁に買わない人でも、減らさなければ自然に増えていきます。

 

「果たして何着の服があるのか?」

クローゼットの服の枚数を数えてみました。ただし、インナーやパジャマはカウントしていません。

 

服の内訳
・ニット 30着
・トップス 38着
・ボトムス 26着
・ワンピース 2着
・ジャケット 6着
・コート 1着
・ブルゾン 2着
・その他アウター 3着
・フォーマル 3着

 

トータルで111着もありました。

あまり服を買わない私でも、100着を超える服を持っていたのです。
服が好きな女性だったら、200着、300着を軽く超えるのではないでしょうか?

 

トップスの詳細は、シャツ&ブラウス18着、プルオーバー3着、カットソー11着、Tシャツ3着、その他3着。ボトムスの詳細は、スカート22着、パンツ4着でした。

 

断捨離する服を選ぶ

最初に手持ちの111着の服を、1年以内に着たかどうかチェックしてみました。

 

すると、およそ半分の服は着ていないことが判明。と言うことは、私は服が50数着あれば生活はしていけるようです。

 

特に収納ケースの奥の方にあった服は、存在すら忘れている始末。手前から中央あたりしかいつも見ていなかったんですね。早速、断捨離をする服を選びました。

 

袖の短いサマーニット

夏の冷房対策に長袖のカーディガンは重宝しますが、半袖のカーディガンやノースリーブのニットは活躍の場がありませんでした。

 

ディナーショー用の服

30代の頃、ディナーショーに着ていった服。1度着ただけで、着る機会がなく今に至ります。

 

白いブラウス

20代の頃に着ていた白のブラウス。いつか着るかもと思いつつ、着る機会がなかった服です。

 

デザインが似あわなくなった服

フリルのついている可愛いらしい服は、年齢的に似あわなくなってきました。悲しいけど、年齢を重ねるにつれて着られない服が増えていきます。

 

デコルテの開いた薄手のセーター

寒い時にも着れず、暑い時にも着れず。ここ数年は、寒暖の差が激しいため、買ったものの着る機会がなかった服。

 

dansyari1

 

その結果、処分する服の枚数は21着になりました。市のリサイクルセンターに持込みをするので、捨てるわけではありません。再利用されるのはうれしいことです。

 

内訳は、シャツ・ブラウス6着、スカート2着、トップス7着、その他アウター1着、ジャケット1着、ニット4着。

 

その結果、私の服の所持数は90着になりました。まだ断捨離する余地があるので、これからも定期的に減らしていかなくては。

 

長く着られる服を買うコツは?

断捨離対象になった服から、今後の買い物に活かす反省点が見えてきました。
今後、断捨離する服を減らすためにも、長く着られる服を買うコツを考えてみました。

 

特別な日の服はレンタルを利用する

特別な日の服は、レンタルを利用した方がスマートです。たまにしか買わない服は、確実にたんすの肥やしになります。

さらに、年齢と共に体型も変わり、似合うデザインも変わるので、結局着られない服になってしまいます。

 

流行を追いすぎない

トレンドの服は素敵に見えますが、着られる期間は短いです。

それに、トレンドのデザインは誰でも似合うわけではありません。せっかく買っても、結局あまり着ない羽目になってしまいます。

 

ファッションが好きな人は買うのもいいでしょうが、シンプルライフを目指す私はトレンドはあまり追わなくてもいいかと思うようになりました。

 

似合う色、デザインを知る

自分が好きな色やデザインが、似合う服とは限りません。パーソナルカラー診断と骨格診断を受けてからは、似合う色、デザインが把握できたので、買い物の失敗が少なくなりました。

 

特にトップスは顔に近いだけに、似あわない色と似あう色では印象がガラリと変わります。見た目の印象もグンと良くなりますよ。

 

前回の断捨離からずいぶんと期間があいてしまったので、もっと定期的に見直しが必要だと感じました。あなたは、何着の服をお持ちですか?