月別:2021年08月
自己肯定感が低い人が自己啓発で上手くいかない3つの理由と対処法

自己肯定感が低い人自己啓発で上手くいかない3つの理由と対処法について自分の体験も交えて書いてみました。自己肯定感が低い人が陥りがちな罠についてです。

 

人をほめましょうの罠

自己啓発の本にはよく人をほめましょうと書いてあります。

褒められれば、誰でもうれしいものです(明らかに社交辞令だと分かっている以外は)

 

ただ、自己肯定感が低い人が人をほめると媚びているかのように受け取られる場合があります。

 

さらに、下手に出過ぎるとマウンティングや見下しの対象にされたりします。

 

自己啓発の本をよく読んでいた頃の私は、できるだけ周りの人をほめるようにしていました。人間関係を潤滑にすると思っていたからです。

 

すると、友達に褒めを要求する人が出てきました。

 

もちろんストレートにほめてほしいとは言いませんよ。彼女もプライドがありますから。

遠回りにほめてほしそうな言動をとるのです。

 

でも、私はほんとに「いいな」と思った時だけ褒めたかったので、スルーしたんです。

 

そしたら、彼女は嫌みで返してきました(笑)

 

その時、自己肯定感が低い人がほめると逆効果になる可能性があると悟ったのです。

 

なので、感謝の気持ちを伝えたほうがいいと気づきました。

ほめるのは、自己肯定感を上げてからでないと難しいです。

 

他人のためになることをしなさいの罠

自己啓発の本には、利他の精神がよく書かれています。

つまり、「他人のためになることをしなさい」です。

 

正論ではあると思うけど、ここにも罠があります。

 

自己肯定感が高い人が、他人のためになることをするのは問題ありません。

なぜなら、自分の限界を超えた依頼は断れるからです。

 

いい意味の自分ファーストができているので、無理をしてまでは人の頼みを引き受けないでしょう。

jikokouteikan-hikui2

 

一方、自己肯定感が低い人は、自分の限界を超えて無理をしてやってしまいがちです。

 

特に断るのが苦手な人は要注意です。

 

相手がギブアンドテイクの関係を築ける人ならいいですが、クレクレと頼みごとばかりする人の餌食になってしまう場合もあります。

 

私は無理な頼み事は断ってきたので、人から利用される経験はあまりありません。

 

でも、ある友達に対して、私ばかりギブしているなぁと感じた経験があります。

最初は、友達のために何かをするのがうれしかったけど、いつの間にか一方的な関係になっていたのです。

 

彼女もしてもらうのが当たり前になっていたのでしょう。

 

「しんどいなぁ」と思った時、自分の心の限界を超えてギブしていたと気づいたのです。

その後、彼女とは少しずつ距離が離れていきました。

 

当時は、今よりも自己肯定感が低かったので、何かをギブしないと友達でいられない気持ちが深層心理にあったのかもしれません。

 

人のために何かをするのは、あくまで余裕がある範囲でする。人を利用する人とは距離を置く。

 

自己肯定感が高い人には当たり前のことですが、低い人にとっては気をつけないといけないポイントです。

 

ポジティブ思考の罠

ポジティブ思考は、自己啓発の本に必ずと言ってもいいぐらい書かれています。

 

自己啓発の本を読んだり、セミナーに参加した後は、「ポジティブ思考でいこう!」と意気込んだものの、日常生活に戻るとまたネガティブ思考になった経験はありませんか?

 

無理な要求をしてくる顧客や上司、わがままな家族、面倒な友達や知り合いなどイライラする環境で暮らしている人は少なくありません。

 

つまり、ポジティブ思考をキープするのは修行のように大変な状況なのです。

 

そして、長い人生を積み重ねて作られた思考パターンは、急には変わりません。

 

結局、「ポジティブ思考になれない私はやっぱりだめなんだ」と自分を責めることに…

これでは、ますます自己肯定感が下がってしまいますね。

 

思考のくせを少しずつ変えることはできますが、神経質で心配性の人は、楽天家にはなれません。性格が本質的に違うのです。

 

私もかなりの心配性です。大きな心配事を抱えていると、心が不安に支配されてしまう時もありました。そんな時にポジティブ思考になるのは至難の業です。

 

なので、心配事を数値化するようにしました。

この件の深刻度(自分目線で)は、10段階で言うと、4だからまだ大丈夫だなとか、最悪の結果にならないためにはどうすればいいのかなと考えるようにしました。

 

そして、自分の力が及ばないことは天におまかせにして、自分ができることだけに集中するようにしました。

 

そうすると心が次第に落ち着いてきて、不安に支配される時間が減ってきました。

 

今日は、自己肯定感が低い人が自己啓発をしても上手くいかない3つの理由と対処法をお伝えしました。

 

不用品の買取・寄付・処分先・処分方法のリスト

断捨離の記事がだいぶ増えてきたので、まとめ記事を作ってみました。

不用品の買取、寄付、処分先、処分方法など品目別にリストにしたので、片付けの際にお役立てください。

 

不用品の買取業者のリスト

今まで私が実際利用して良かった買取業者さんのリストです。

 

・服

今まで服を買取してもらった中で一番良かった業者さんです。

ブランド買取「ブランディア」→「宅配買取」

・本、CD

ネットオフに本やCDを買取してもらいました。

記事→本棚の本を断捨離した方法~ビフォーアフターの写真も公開

 

・骨董品、茶道具、ブランド食器

茶道具とブランド食器を日晃堂に出張買取してもらいました。

レビュー記事→日晃堂の骨董品買取体験談~茶道具はいくらで売れた?

 

・映画・舞台のパンフレット

舞台のパンフを買取してくれる数少ない業者さんです。

レビュー記事→映画・舞台パンフレットの宅配買取体験談~ジェイクラフトオールドブックス

 

・手芸用品

ソザイクルの紹介をしています。

記事→手芸の材料や道具の断捨離はどうする?

 

・テレホンカード、未使用はがき

チケッティでテレホンカードや未使用はがき、マックカードを買取してもらいました。

レビュー記事→テレホンカードを高価買取してくれる業者はどこ?

 

・外国硬貨

七福本舗で海外旅行で余った外国硬貨をまとめて買取してもらいました。

レビュー記事→余った外国コインを七福本舗で買取依頼

 

処分先・処分方法のリスト

処分しにくい物の処分先や自分で処分する方法を載せています。

 

処分先

・パソコン、スマホ

自治体も推奨。安全にパソコン処分をしてくれるリネットジャパンを使った際の体験談。

レビュー記事→無料でパソコン処分できるリネットジャパンのレビュー

 

・卒業アルバム、名簿

個人情報が満載の卒業アルバムや名簿などを処分してくれるデルエフさんのレビューです。お手頃価格で処分できました。

レビュー記事→個人の書類を処分してくれる業者で卒業アルバムを断捨離する方法

 

処分方法

・裁縫道具、縫い針

縫い針や裁縫はさみの処分方法について書いています。

レビュー記事→母から受け継いだ裁縫道具の断捨離~縫い針、待針の捨て方

 

・布団、花瓶、雛人形

押入れに入っていた物の処分方法を紹介しています。

レビュー記事→押入れの断捨離ビフォーアフター~シンプルライフの収納を考える

 

・フロッピーディスク

安全にフロッピーディスクを処分する方法を紹介しました。

レビュー記事→フロッピーディスクの処分方法は?~写真付きで紹介します

不用品の寄付先リスト

不用品の寄付先をまとめました。

 

・座布団、ギフト商品、工具、棚

もったいないボランティアプロジェクトは、他にもバッグ、古着、おもちゃ、生活雑貨、アウトドア用品、楽器などの寄付を受け付けています。詳細は、ホームページの引き取り可能品目を確認ください。

 

レビュー記事→座布団や頂き物をもったいないボランティアプロジェクトに寄付しました

 

katazukel-list2

 

・中古食器

株式会社サイクルに食器を寄付をした時の体験談です。

レビュー記事→中古食器の断捨離~リサイクル(寄付)と持ち込み処分の体験談

 

・手芸の材料

毛糸のダックの紹介をしています。

記事→手芸の材料や道具の断捨離はどうする?

 

 

番外編

買取、寄付、処分以外の片付け関係の記事です。

 

・アルバムの写真

節目写真館で古い写真を1000枚ほどデータ化してもらいました。

レビュー記事→節目写真館でバラ写真やネガフィルムをデジタル化してもらいました

 

 

今後も新しい記事を書いたら、リストに追記していきます。

引越しの梱包は想像以上に大変だった~家の売却体験談4

先日、戸建てから仮住まいのアパートに引っ越しました。

前々から準備してきたけど、前日はとってもせわしくなってしまいました。

引越し梱包が想像以上に大変だった話です。

 

家の買い替え、今までの経緯

戸建てを売却して、中古マンションに買い換えする計画です。

 

家は売れなかったので、解体することになったけど、土地は売却できました。

更地引き渡し期限があるので、家を出なくてはならず、仮住まいに引っ越しをします。

 

過去の経緯は、こちらで書いています。

 

家の売却体験談1→不動産会社によって査定価格は大きく違う

 

家の売却体験談2→中古戸建ての売却 内覧は何回あった?

 

家の売却体験談3→慌てて短期の仮住まい探し

 

引越しの梱包は想像以上に大変だった

1か月前、アーク引越センターが梱包用の段ボールを60箱置いていきました。

当時は「そんなに段ボールいるんかい?」と気楽に考えてましたが、実際荷造りを始めると思っていたより箱に収まらないことが判明。

 

本のように同じ形ならば、梱包もしやすいですが、でこぼことした形状の物同士は箱の中に詰めるのも無駄な空間が空いてしまったりして…

 

梱包を続けていくうちに、果たして60箱で足りるのかしらと不安を感じるようになります。

 

今まで嫌というほど断捨離はしてきました。

それでも、家にある物の数が多いのです。

 

正確に言うと、家族の物が多いのです(-_-;)

もっと減らしてくれないかなとも思うけど、無理強いすることはできません。

家族といえども、価値観は違います。

 

そこで、全部梱包は無理そうなので、ある程度の荷物は自家用車でアパートに運ぶことにしました。そうすれば、箱詰め作業の負担を減らせますから。

 

引越し見積もりを一括でとれる便利なサイトです→引越し侍2

 

引越し前日は夜遅くまで梱包しました

食器や食品、洗面道具など引っ越し間際まで使うものの梱包が予想以上に時間がかかってしまいました。

 

前日は、洗濯機の水抜きや業者さんによるエアコンの取り外し、ネット機器の撤去などもあり、慌ただしかった。

 

引っ越し前日は夜の10時過ぎまで梱包作業してました。

 

さすがに、暑さと疲れでクタクタ。

 

引越し当日の朝も大忙し

引越し当日は、引越し会社が8時半から9時の間に来る予定。

だから、朝ご飯を流し込むように食べて、最後の梱包作業に向かいます。

 

食器や食品などドタバタと梱包。歯磨きは後回しで、とにかく梱包。

数日前までは食器も丁寧に梱包してたけど、当日は新聞紙をサーっと破って体裁など気にせずとにかく詰める。

 

そんな忙しいところに、インターフォンがなります。

 

「え?まだ8時半じゃないのに。もう引っ越し業者さんが来ちゃったの?」とドアを開けると…

 

近所の人が餞別を持って立ってました。

 

すごくありがたいのだけど、今は取り込み中なので複雑な気分。

写真を一緒に撮ろうと言われ、撮ったのだけど、引きつった笑顔になっていたかもしれません(笑)

 

hikkosi2

そして、またダッシュで梱包再開。

殺気立って梱包します。

 

おかげで引越し業者が来る10分前にギリギリ終わらせることができました!

 

引越しは5時間以上かかった

引越し業者が来たのが、8時50分。

 

仮住まいのアパートは今の家の3分の1の面積しかないので、いくつかの家具は一時預かりしてもらいます。

 

最初に、一部屋ずつ回って、アパートに持っていってもらう物、一時預かりしてもらう物、自分達で運ぶ物がどれかを作業員さんに説明。

 

作業員のリーダーに説明したけど、彼はメモを取らずに全部記憶するんですよ。

家の中にはあれだけたくさん物があるのに!

若いとはいえ、凄いです。アラフィフの私にはとてもまねできない(笑)

 

そして、まずアパートに持っていく荷物を運び出します。

荷物を運び出すまで、1時間半ほど。

さすがプロ。手際がいいです。

 

アパートに荷物を下ろした後、また家に戻り、一時預かりする荷物をトラックに乗せます。

 

結局、終わったのは14時半。

お昼休憩なしの作業で、アークさんお疲れ様でした。

 

最後にコンビニで買ってきた冷たいお茶とお菓子を渡しました。

 

やれやれ、やっと引っ越しが終わりました。

 

当日よりも前日の梱包が一番大変でした。

もっと前日に荷造りする物の数を減らしておけばよかったなぁ。

 

これからマンションを探して、数か月後に仮住まいから引っ越しをしますが、次回の引っ越しは今回よりも楽なはずです。

出張買取のリサイクルジャパンの残念な体験談

引っ越しを控えて、断捨離真っ最中の我が家。

リサイクルジャパンに家電を出張買取してほしくて、見積もり依頼をしました。

その時の残念な体験談を紹介します。

 

リサイクルジャパンに見積もり依頼

先日、リサイクルジャパンに家電製品を買い取ってもらえるか見積もり依頼をしたんです。

kaden-kaitori

 

でも、残念な結果に終わってしまいました。

 

当ブログでは今まで、感じのいい対応をしてくれた買取業者さんばかりを紹介してきました。

 

対応の悪い業者さんも少しはいたけど、あえてブログには書きませんでした。

 

でも、最近になって「対応の悪い業者についても書いたほうがいいのでは?」と思うようになりました。あくまで個人の体験談ですが、誰かの役に立つかもしれませんし。

 

これからは、いい経験も悪い経験も書いていきたいです。

 

出張買取をしているリサイクルジャパンに家電製品の買取依頼をお願いしようと申し込みをすることにしました。

 

最初に、HPの見積依頼のフォームに家電製品の名前や型式、製造年を入力し、写真を添付して情報を送りました。

 

それが、金曜日のことです。

 

しかし、火曜日になっても返事がない(-_-;)

土日はお休みだとしても、申し込んでから3営業日たったわけです。

なので、電話でどうなっているのか水曜日に聞いてみることにしました。

 

リサイクルジャパンに電話をしたけれど

リサイクルジャパンに電話をかけると、男の人が出ました。

金曜日に見積もり依頼したけど、返事がきていないと告げたところ…

 

「私は担当者ではないので、担当者に伝えて折り返し電話させます」とのことでした。

 

電話を切ってからその日ずっと待っていたのですが、いっこうにかかってきません(-_-;)

 

そして、次の日も、その次の日も…

 

もう一度電話をかけようか迷ったけど、引っ越し前で他にも山ほどやることがあり、あきらめることにしました。

 

問い合わせをしてから3週間過ぎましたが、返事はいまだに来ていません。

 

どうして返事がないのか?

「リサイクルジャパンからどうして返事がなかったのか?」考えてみました。

 

1.全員に返事が出せないほど見積もり依頼が殺到している

2.利益のありそうなお客さんにだけ返事を出している

 

私が問い合わせをした時は、めちゃくちゃ忙しかったのかもしれません。

でも、それなら時間がかかったとしても、いつかは返事はもらえるはずです。

 

すると、会社にとって利益のありそうなお客さんにだけ返事をしている説が濃厚になってきます。*あくまで私の推測ですので、事実とは異なるかもしれません。

 

向こうも商売ですから、出張買取に行く手間やガソリン代を考慮すると、利益があまりないお客さんを相手にしたくないのは分かります。

 

でも、電話で催促までしたのに返事がないのにはガッカリしましたよ。

買取できないならできないでいいので、短い返事でも欲しかったわ。

 

見積もり依頼のフォームに入力し、商品の写真を撮って、添付してとこちらも手間がかかってます。返事を待つ数日の時間も無駄になってしまいました。

 

メディア出演もされて、名前が知れた業者なので、こんな結果になるとは思いませんでした。

 

後で、口コミを調べてみると、「ネットで見積もり依頼をした後に電話をしても返事がこなかった」と書いてあるレビューを発見。不誠実な対応は、どうやら私だけじゃなかったようです。

 

もちろんいいレビューもありましたよ。

私の住んでいる県のリサイクルジャパンの対応が悪かったのかもしれません。

いいか悪いかは依頼してみないとわからないといったところでしょうか?

 

「もう一度電話をしていたらどうなっていたのだろう?」とも思いますが、またスルーされたかもしれませんね。

 

今日は、対応が悪かった業者さんの体験談でした。