月別:2021年02月
  • FP試験
FP2級に一発合格した50代の私の勉強方法

2020年の9月にFP(ファイナンシャルプランナー)2級を受験して、独学一発合格しました。記憶力は若い頃に比べて衰えてはいるものの、50代でもやる気になればできるものですね。受験を考えている人、興味がある人のために、FP2級の勉強方法をご紹介します。

 

ファイナンシャルプランナー2級の試験とは?

FP技能検定試験2級は、年に3回(1月・5月・9月)に行われます。昨年5月の試験はコロナで中止になりました。

 

受験資格は、次のうちいずれかの該当者です。

 

1.FP3級に合格した人

2.AFP認定研修を終えた人

3.2年以上の実務経験がある人

 

午前中に学科が120分、午後に実技が90分です。実技と言っても、対面の試験ではなくて、計算問題がメインの記述式の試験です。

 

FP協会と金財(きんざい)の2つの団体で試験を受けられますが、私はFP協会で申し込みました。学科の試験問題は同じですが、実技の問題が違います。

 

100点満点の60点以上で合格になります。合格率は、約40%ほどです。

 

FP2級の勉強方法は?

2020年1月に3級を受験し、合格したので、2級は9月受験を目指し、勉強を始めたのは春から。

 

しかし、予期せぬことは起こるもの。

 

母が3月に入院し、5月に亡くなりました。入院中は、いつ病院から電話がかかってくるか分からなかったので、落ち着かない毎日を過ごしていました。

 

だから、各種手続き、7日ごとの法事に加えて相続手続きもあったので、落ち着いて勉強ができるようになったのは、6月からです。実質3ヶ月ですね。勉強時間は、1日平均2時間ぐらいでしょうか。

 

3級に合格したので、基礎知識はありましたが、2級はより掘り下げていく問題が増えました。3級の学科は2拓か3拓の問題なのですが、2級は4拓です。4拓だと、この2つのうちどちらが正解かなぁと迷う問題も出てきて、難易度がグンと上がります。

 

FP2級のテキストと問題集

私が使っていたテキストは、日本経済新聞出版社の「うかる!FP2級王道テキスト」です。問題集も同じシリーズのもの。2冊購入すると、4000円ほどです。分かりやすくて、使いやすいテキストでした。

 

赤いシートが付いているので、テキストの赤字部分を隠して、暗記するのに使ってました。

 

うかる! FP2級 ・AFP 王道テキスト [テキスト] [問題集] 2020-2021年版 2冊セット

新品価格
¥3,960から
(2021/2/24 13:59時点)


FP2級は、テキストを勉強すれば合格できる試験です。50代でも、独学で一発合格できました。私の場合は、6月以降は時間に余裕ができたから、独学で受かったのかもしれません。

 

仕事や家事、育児などで忙しく、時間があまりとれない人には、効率的に勉強できるEラーニング講座もあります。他の通信講座だと3万〜6万円ほどしますが、資格対策ドットコムは良心的な価格なのでおすすめです。FPの継続教育にも使われている会社なので、お安いけど、内容はしっかりしています。

資格対策ドットコム

FP2級の勉強法は?

ライフプランニング、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業継承の6分野から出題されます。

 

6分野もあると、得意、苦手がでてきます。私は、ライフプランニングは得意でしたが、不動産が苦手でした。不動産って、他の科目と比べて、特殊なんですよねぇ。

FPsiken2

1.テキストの理解

まず、テキストを読んで理解します。テキストには、チャプター別に問題も少しついているので、チェックしながら、進んでいきます。

 

すんなりと理解できる箇所もありますが、覚えにくいところ、理解しにくいところもあり、自分の記憶力の悪さに悲しくなったこともあります(;_;

20代や30代だったら、3ヶ月もかからずに覚えられるだろうなぁと。

 

でも、何回か繰り返してやっていけば、いつかできるようになります。

 

税金が20%とか39%とかたくさんの数字を覚えなくてはなりません。自分が覚えやすいように語呂合わせで暗記しました。じゃなきゃとても覚えられなかった(笑)

 

2.FP2級ドットコムの問題を解く

ある程度覚えたら、FP2級ドットコムというサイトの問題を解くようにしました。このサイトでは、過去8年ほどの問題が載っています。自分が何問正解したかデータが出るので、どの分野でどれぐらい間違えたかも一目瞭然です。

 

掲示板では、分からない問題の解き方を聞くこともできますよ。

独学のデメリットは、聞く人がそばにいないこと。そんなデメリットを解消してくれるのです。私がちょうど疑問に思っていた点を質問した人がいて、回答も読みましたが、とっても参考になりました。

 

また、法改正によって、いつの試験から改正分が反映されるのかをまとめたものもあり、受験に役立つサイトです。

FP2級ドットコム

 

「テキストを読んで覚える→FP2級ドットコムの過去問道場で問題を解く」ことで、「インプット→実践」を繰り返したおかげで、少しずつステップアップしていきました。

 

3.問題集を解く

そして、試験の1カ月前に、問題集に取り掛かりました。

問題集に本番さながらの模試がついているのですが、時間をはかって、取り組みました。実技の模試に始めて挑戦した時には、全然時間が足りなくて、焦った焦った( ゚Д゚) 問題集は、実際の試験よりも難し目だった気がする。

 

問題集で間違えた所は、チェックしておいて、後からできるまでやるようにしました。

 

4.過去の試験問題に挑戦し、時間配分をつかむ

さて、最終段階です。

試験の2週間ぐらい前から、FP協会のHPから過去の試験問題をプリントアウトして、時間をはかって本番と同じように解いていきます。

 

自宅で試験問題をやった時も、学科は見直しを含めて30分ぐらい余裕があったけど、実技は計算問題が多く、時間も短めなので、時間配分をしっかりする必要がありました。

 

過去問題の模範回答もHPにアップされているので、答え合わせはできますが、解説はありません。

 

長くなってしまったので、試験の体験談は、次の機会に。久しぶりの試験で舞い上がってしまったのでした(笑)→FP2級の試験体験記~当日予期せぬハプニング発生

 

通知表の断捨離を通して感じた「人からの評価」について

学生時代の通知表断捨離して、手放しました。これで、人に見られて恥ずかしい物をまた一つ手放すことができました。久しぶりに通知表を見返して、人からの評価について感じたことがあるので、記事にしてみました。

 

通知表の先生のコメントは?

小中高と通知表が12枚。

久しぶりに開いてみると、成績よりも先生のコメント欄を読んで、気付いたことがありました。小学生や中学生の時は、性格や生活態度に関するコメントがほとんどでしたが、さすがに高校になると成績に関するコメントばかりでした。

 

小学生の時の先生のコメントは?

小学生の頃は、長所と短所が半々ぐらい書いてあるものが多かったです。

おとなしい子供だったので、「もっと積極的に行動しましょう」というコメントが多かったですね。

 

小学校の4年生までは、友達も少なかったので、「たくさんの友達と仲良くしましょう」とも書いてありました。

 

確かにもっと積極的にふるまえば良かったのでしょう。明るく元気な子が良しとされていましたから。

 

tsuchihyo

 

個人的には、小学校の5、6年が学生時代で一番楽しかった。

友達もたくさんできて、学校に行くのが楽しみでした。

当時、交換日記が流行っていて、3人の友達と個別にやりとりしていました。

 

おとなしめな性格ではあったけど、自分らしく振舞えていました。

自然体でいられると、人からも好意を持ってもらえるみたいで、人間関係も上手くいくことが多かったような気がします。

 

先生によって評価が違いすぎる中学時代

中学生になると、暗黒時代に突入します(笑)

仲のいい子以外には、心を閉ざすようになってしまいました。

 

ですが、仲のいい友達数人の前では、面白いことも言ったりしてました。

「根は明るいのに、どうしてクラスのみんなの前で出さないの?」と友達は不思議がってましたね。

 

中学2年生から3年生にかけて、体育の先生のファンクラブを作って会長をやってました。

きっかけは、中2の時、体育係になってしまったこと。運動が苦手なのに、なんで体育係になってるんだよっと思いましたが、友達と一緒だから、楽しかったですね。

 

ファンクラブの会員は10人ぐらいでしたが、毎月、会報も発行してました。

会員じゃない子が会報を見て、「おもしろいね」と言っていたので、決して真面目な会報ではありませんよ(笑) 先生は、かっこよくはなかったけど、親しみやすい先生でした。

 

だけど、クラスメートの前ではなぜか自分が出せなかったのです。

存在感がなくて、暗い人だと思われていました。

 

なんか訳わかんないやつですね〜(笑)

 

一部の人達から、「暗い」と陰口を言われ続けた時期もあって、何も悪いことをしていないのにどうして悪口を言われなきゃいけないんだろうと思ってました。

 

だけど、今振り返って見ると分かります。

黙っていることで、周りに不愉快な思いをさせていたんだろうなと。

 

さて、通知表の話に戻りますが、中学2年生の担任からは、とことん批判されていました。彼は、明るく元気な生徒が好きな人だったので、私が気に入らなかったのです。通知表も積極性がないから~という否定的なコメントしかありませんでした。

 

ところが、中学1年生と中学3年生の通知表を見ると、意外や意外。褒めるコメントの方が多いではありませんか!

 

もっと否定的なコメントが多かったと思っていたのに、私の長所をこんなに認めてくれていたなんて!

 

私は、3年間クラスでは一貫して地味な存在であったことは変わらないのに、先生によって評価が違う。見ている角度が違うんです。

 

中学2年の担任が、1つの方向からしか見ていなかったのに対して、他の2人の先生は色んな角度から見てくれていた。そんな先生たちに感謝の気持ちがじわっと湧いてきました。

 

通知表の断捨離で感じたこと

通知表の断捨離を通じて、人の評価は様々だと改めて感じました。

 

人は多面的だから、色んな顔を持っています。どの人にどの顔を出すかは、相手によって違う。

 

あなたの嫌いなあの人だって、他の誰かにとってはいい人であったりします。

 

だから、一部分だけを見て、この人はこんな人と決めつけると、実物とはかけ離れた評価になってしまうかも。特に、嫌いな人に対しては、厳しい、偏った見方をしてしまいがちです。

 

逆に、あなたを低く評価する人がいたとしても、高く評価してくれる人もきっといるはず。どこを見て評価するかは、人によって異なりますから。

 

なので、今いる場所で評価されなかったとしても、他の所では高く評価されるケースだって当然ありです。あまり人の評価に振り回されて、落ち込まないようにしたいと通知表の断捨離を通じて感じたのでした。

友達関係を長く続ける3つのコツとは?

あなたには、長い付き合いの友達はいますか? 私にも学生時代からの友達や職場で知り合った友達がいます。気心の知れた友達はありがたい存在です。

その一方、疎遠になった友達もいます。その違いは何だったのか?友達関係を長く続けるコツについて考えてみました。

 

友達関係を長く続ける3つのコツとは?

長いお付き合いをしている友達とは、程よい距離感が取れています。

この先おばあさんになっても仲良くしていきたい人達です。親しくても、入ってきてほしくない領域には、決して入ってきません。

 

友達関係はめんどくさいこともありますし、友達が少ないことに引け目を感じることもありました。

 

若い頃は、人との距離感が上手く取れなくて失敗したこともありましたが、今では「自分は自分、人は人」と割り切ってつきあえるようになりました。

ドライな様ですが、今までの友達付き合いを通じて最終的に到達したのです。

 

友達関係を長く続けるコツを過去の失敗談を交えてご紹介します。

 

1.干渉しない、コントロールしない

私には、1回り以上年上の友達がいました。

20代後半で知り合い、若い頃は年上の友達の存在を頼もしく思っていたのですが、40代に入った頃から、干渉してくる友達がわずらわしくなってきました。

 

私が以前、就職活動をしていた時の話です。

会社都合で退職し、40才を過ぎてからの正社員の再就職は厳しくて、なかなか仕事が決まりません。

 

彼女は、「仕事は決まりましたか?」とメールでよく聞いてきたのですが、急かされているようで不愉快な気分になりました。もし逆の立場で、同じことをされたらどんな気分になるのか想像しないのかなぁと思ってました。

 

一方、高校時代の友達は就職活動のことは一言も聞いてきませんでした。決まったら言ってくるだろうとそっとしておいてくれた配慮が嬉しかったです。

 

年上の友達のエピソードをもう一つ。

彼女があるブログをメールで勧めてきたことがありました。

 

そして、次に会った時に「私がメールで送ったブログ、見なかったでしょ」と言われたのです。

 

嫌な気分になりました。

 

人に何かを紹介するのは構いません。あの本が面白かったとか、あそこのレストランはおいしかったとかだったら、教えてもらってうれしいぐらいです。

 

でも、勧められたことをするかしないかは、その人が決めることであって、他人に強制されるものではありません。

 

「コントロールしようとしているな」と感じたから、嫌悪感を抱いたのです。

 

親しくなると、相手との境界線が曖昧になることもあるかもしれません。

でも、いい関係を壊したくないので、相手の境界線を超えないように気をつけようと思っています。

 

2.自分の価値観を押しつけない

いくら仲がいい友達同士でも、100%価値観が一致する人はいません。

自分の考えと違う意見であっても、「この人はこう思うんだな~」と受け止められると楽になります。

 

人間関係で苦しくなるのは、「こういう時はこうするべきなのに」という思いが強すぎるケース。

 

自分の価値観だけが正しいと思っていて、そこからずれた人を馬鹿にする友達がいました。

 

ある時、私の年賀状を馬鹿にしてきたのです。

 

40代前半までは、宛名だけはパソコンで印刷し、絵柄はステンシルを使って手書きで書いてました。

 

彼女の言い分は、こうです。

「何でパソコンを持っているのに、裏面をパソコンで作らないの?」

 

「手書きの年賀状を喜んでくれる人がいるから、できるだけ手書きを続けたい」と答えると、彼女は笑っていました。実際、手書の年賀状がいいと言ってくれる人達もいたのです。

 

でも、彼女には通じなかった。それは仕方ないことでしょう。

 

ただ、パソコンを持っているなら、パソコンで年賀状を作るのが当たり前という考えを押しつけられたのが残念でした。私は、印刷の年賀状を批判してはいないのに。

 

自分ルールを他人に押しつけると人間関係が窮屈になってしまいます。

友達と価値観が違っても、せめて全否定はしないようにしたいです。

 

3.期待しすぎない

母が認知症になった時には、体力的にも精神的にも過酷な日々を過ごしました。

そんな時、周りの友達の励ましの言葉にどれだけ救われたことでしょう。具体的に何か手伝ってもらわなくても、気にかけてくれる人達がいるだけで、心に灯りがともるのです。

flowers

 

「頑張りすぎないでね」と気遣ってくれた人もいました。

 

「笑いのツボを押しに行くよ〜」と言ってくれた人も。

 

年に1回しか会わない友達も、「何かできることがあったら、言ってね」と言ってくれました。

 

どの言葉も、ありがたく思いました。

 

対照的に、家族ぐるみの付き合いをしていた幼馴染からは、暖かい言葉の一つもありませんでした。

 

私は、心底ガッカリしました。

 

なんて薄情な人だと心の中でなじりました。

試練は踏み絵のように、人の本質を浮き彫りにします。

 

でも、母が施設に入所して、生活も落ち着きを戻した後、幼馴染に期待しすぎていたのかもと反省したのです。

 

長い付き合いだから、私が辛い時には暖かい言葉をかけてくれるだろうと勝手に期待していたのです。

 

しかし、優しくしたからといって、優しさが返ってくるとは限りません。

見返りを少しでも期待した自分が間違っていたのです。

 

最初は、友達が喜んでくれればうれしかったけれど、いつの間にか持ちつ持たれつのバランスが崩れたお付き合いになっていたのです。

 

過去の失敗を踏まえて、これからもいい友達付き合いをしていきたいです。