カテゴリー:その他
ホームPage 1 / 212
中古戸建ての売却 内覧は何回あった?~家の売却体験談2

2020年の2月に売却活動を始めた中古戸建てですが、やっと今年(2021年)の4月に契約をすることができました。中古戸建てから中古マンションへの買い替えを計画してます。

 

中古戸建てを売り出してから内覧が何回あったのか?どんな経過だったのか?をブログで書いていきます。

 

中古戸建ての内覧の回数は何回だった?

1年ほど売却活動をしていた中古戸建てですが、内覧の回数はとっても少なかったです。

土地や家の面積が広いとは言え、田舎なので、人気がある物件ではありませんでしたから。スーモやアットホームなど不動産情報サイトへのアクセス数も少なかった(^^;)

 

内覧回数は、1年で4回でした。少なすぎっ(笑)

 

その結果、家は売れず、土地だけを売却することになりました。家を解体して、更地渡しです。買主の不動産会社が戸建てを3軒建てる予定です。

 

家の買い替えの最初の記事です⇒家の売却体験談~不動産会社によって査定価格は大きく違う

 

中古戸建ての内覧の様子

家の売却活動を始めて、内覧の申し込みが4件ありました。

順番に内覧の様子をみていきましょう。

ie-nairan2

 

中古戸建ての内覧1回目

1回目の内覧の申し込みは、売却活動を始めてすぐにありました。

 

初めての内覧なので、張り切って家の中の掃除をします。

普通のお客さんなら見ないであろうクローゼットや押し入れまで見たいとリクエストがあるかもしれないので、クローゼットも見栄えが良くなるように整えます。

 

あまりきれいではない物は、収納の奥〜の方に隠しました(笑)

 

掃除は普段からやってはいるものの、内覧の準備に半日もかかってしまいました。ちょっとはりきり過ぎだったかも(^^;)

 

さて、当日になると、仲介業者がお客さんを連れてきました。60代ぐらいの夫婦です。

まず、家の敷地内で、庭や周囲の環境を見ているようです。

 

「いつになったら、家の中に入ってくるのかなぁ?」と首を長くして待機します。

 

ところが、10分経っても、15分経ってもインターフォンがなりません。

 

20分くらい経ってから、やっとなりました。

ドアを開けてみると、営業さんが一人で立っています。

 

「あれ?お客さんはどちらに?」

 

すると、「人が住んでる所は見にくいから」と外だけ見て帰られたとのこと。

 

「えー?! 半日もかけて綺麗にしたのに!」

結局、1回目の内覧は外だけで終わりました。果たして内覧と言えるのかも疑問ですが。

 

このお客さんからは、断りの連絡がありました。

 

理由は、駐車場がもう1台欲しいのと価格が予算を超えていたから。

私の住んでいるエリアは車社会で、大人なら一人一台が当たり前の地域なのです。

 

中古戸建ての内覧2回目

2回目の内覧の申し込みは、1回目から数か月後でした。

前回で学習したので、整理整頓はやり過ぎないようにしました。

 

今度は、家の中まで見てくれました!

 

お客さんは、法人でグループホームの社員さんです。グループホームにする戸建てを探しているとのこと。

 

30代ぐらいの明るくて感じのいい男性です。

 

グループホームとして使うには、法律で定められた広さがあるそうで、階段や部屋の寸法を熱心に計ります。

 

うちの階段は勾配が急なので、グループホームには向いてないだろうなぁと思いながら立ち合います。

 

最終的には、やはり既定の広さを満たしていなかったようで、商談成立には至りませんでした。

 

中古戸建ての内覧3回目

3回目の内覧は、2回目から半年以上後でした。

仲介の営業担当者から、当日になってお客さんが午後に見学に行くということで、家で待っていました。

 

でも、夕方になっても誰も来ません。

 

後で聞いてみると、お客さんは家の外観だけを見て帰ったそう。

 

「なーんだ。ずっと待っていたのに」

 

居住中だと、家の中は入りずらいと感じる人も少なからずいるのです。

 

結局、駐車場がもう1台欲しいということで、話はお流れになりました。

 

中古戸建ての内覧4回目

4回目は、土地の購入者となった不動産会社です。

 

うちの土地の様子を見に来たようですが、私たちは直接会っていません。

多分、留守中に見て帰っていったのでしょう。

 

結局、4組の内覧者のうち、家の中まで見ていったのは1組だけ。

内訳は、個人が2組、法人が2組。

 

最終的に、4組目の不動産会社が土地を買いたいと希望の売値を提示してきたのです。

 

買主との価格交渉の経過

買主の不動産会社A社は、最初に売値を400万円下回る価格を提示してきました。

しかも、家の解体費用の300万円は売主負担(春香家負担)ですと!

 

「それは、ないわぁ(-“-)」

 

住宅メーカーは、大幅な値下げ交渉してくるものなんですね。

 

実質、希望売却価格から700万円も安くなってしまいます。

とてもそんな条件では売ることはできません。

1年経っても売れない人気のない我が家ですが、そんなにお値引きはしませんよ〜。

 

そこで、お断りをしたので、A社もあきらめるだろうなと思っていたら…

 

なんと今度は、希望売却価格プラス100万円(解体費込)を提示してきたのです。

解体費込みなので、希望売却価格から200万円安い価格になります。

A社はどうやらこの土地がどうしても欲しいらしい。

 

「だったら、売ります!」

 

と言うことで、やっと商談成立しました。

 

正直、最初のオファーを断った時、「この先、買ってくれる人が現れなかったらどうしようか」と不安になったこともありました。ずーっとこの土地から出ていけなくなってしまうのではと…

 

賭けではありましたが、最初の提示価格で売却しなくて良かった!

長かった不動産の売却活動は、やっと終わりました。

 

買い替えはまだ終わってないので、この続きは別の機会に。

ゆるいグルテンフリーでも効果はあるのか試してみた

3年前からゆるいグルテンフリーを始めました。完全にグルテンをとらないわけではなく、できるだけ小麦製品を減らすスタイルです。今回のブログでは、ゆるいグルテンフリーのやり方と効果についてお話しします。

 

グルテンフリーを始めた理由

私がグルテンフリーに興味を持ったのは、1冊の本がきっかけです。

 

Dr.白澤のアルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる 白澤卓二著

 

母が認知症だったので、アルツハイマーに関しては、人一倍敏感になっています。今までも専門家が書いた本を読んで情報を集めてきました。

 

認知症が改善すると話題になったデール・プレデセン博士の著書「アルツハイマー病の真実と終焉」のリコール法を、白澤先生が日本人向けに分かりやすく書いた本です。

 

アルツハイマーの原因はたくさんありますが、食生活に関しては、小麦製品や加工食品を食べる頻度を減らすように提言しています。

 

はっきり言って、この本の内容を全て実践できる人はほとんどいないでしょう。

 

私はゆるい砂糖断ちも実践していますが、「小麦製品を一切とっちゃダメ」と言われた方がきついです(T_T) パスタもパンもピザも大好きなので。

 

家では米粉のパスタを食べてはいますが、外食で小麦のパスタを食べると「やっぱり小麦のパスタはおいしいな」と感じます。

 

でも、できる範囲で減らすことなら可能です。

 

Dr.白澤の アルツハイマー革命 ボケた脳がよみがえる

新品価格
¥1,408から
(2021/4/28 10:36時点)

ゆるいグルテンフリーのやり方

私は、50年近くと長〜い間、朝はパン食でした。ランチも麺類を食べることが多く、1日の食事の半分以上でグルテンを摂取していたのです。

 

そこで、食事内容をガラリと変えてみましたよ。

 

1.朝ご飯をお米に変えた

3年前から、朝にお米を食べるようにしました。お米だとおかずが必要ですが、サラダや梅干し、納豆ぐらいなら忙しくても時間はかかりません。時には魚を焼いたり、目玉焼きを作ったりとパン食の頃よりも栄養バランスも改善しました。

 

2.小麦製品を、米粉製品に変えた

以前はランチで、パスタや焼きそばなどの小麦製品を食べていましたが、米粉の麺に変えました。そばは、十割そばを選べば問題なし。

glutenfree2

 

カレーのルーもグルテンフリーの製品を使っています。グルテンが入っていなくても美味しいカレーは作れます。

 

幸い地元のスーパーのグルテンフリーコーナーで売られていたので、取り寄せをしなくても手に入れることができました♪

 

小麦粉は、もちろん米粉に置き換えて使っています。個人的には、魚や肉のソテーでまぶすなら米粉の方がカリッとした食感になるので好きなぐらい。

 

ただ、ひとつだけ残念なのが、米粉のパンの種類が少ないこと。

 

米粉パンを扱っている近所のスーパーでは、2種類のパンしかありませんでした。都会ならば、米粉パン専門店もあるでしょうが、田舎に住んでいるので、仕方ありませんね。

 

ネット通販なら手に入るけど、クール便を使うので送料もかさみ、今の所利用していません。

 

 

1週間の食事の回数は、1日3食×7日で21回。

 

グルテンフリーをする前は、1週間で14回は小麦製品を食べていました。

 

ところが、グルテンフリーを意識するようになってからは、小麦製品を口にするのは1週間のうち4回ほどとグーンと減ったのです。どれぐらいグルテンフリーが実践できているか手帳にメモってます。

 

結果として、以前より3分の1以下にまで減らすことができました。

 

こんなゆるい感じでやってる小麦粉断ちですが、どんな効果があったのでしょうか?

 

ゆるいグルテンフリーの2つの効果

グルテンフリー生活を始めてから、うれしい変化が体に起こりました。

 

1.倦怠感が軽減した

私は夏になると体のだるさに悩まされていました。何もしていない状態でも倦怠感が常にあり、ただ座っていても横になって休みたいと思うぐらいでした。そんな状態で無理やり仕事や家事をしていました。

 

でも、グルテンフリーを始めた最初の夏には倦怠感が軽減したのです。

今までの倦怠感を10とすると、グルテンフリー後は3か4ぐらい。

 

夏のだるさが完全になくなったわけではないけど、体が軽くなって動きやすくなりました!

 

それまでは、倦怠感を解消するために黒酢を飲んだり、サジーを飲んだり色々試していました。問題を解決するためには、何かを足さないといけないと思いこんでいました。

 

けれど、グルテンを減らして改善できるとは夢にも思わなかった。プラスではなく、マイナスすることで問題が解決したのです。

 

2.ダイエット効果があった

ゆるいグルテンフリーをしているだけでも、体重が減りました。

私は、8年前からゆるい砂糖断ちもしているので、スイーツを食べる頻度は、多くても月に3回までと決めています。3回食べたら、次の月になるまで甘いものは食べません。

 

砂糖断ちについて書いています⇒砂糖断ちで得られた3つの効果〜白砂糖をやめるとどうなるの?

 

砂糖断ちだけでも、体重は何キロか減りましたが、グルテンフリーと合わせるとやせる効果がアップすると実感しています。

 

毎日のように体重を計っていますが、小麦製品を続けて何日か食べると少しずつ体重が増えていくのです。

 

逆に、グルテンフリーな日が何日か続くと、また体重が戻っていく。確実に相関関係があります。

 

ゆるいグルテンフリーを始めてから、体の調子が良くなりました。グルテンフリーが必要ない人もいるでしょうが、私はグルテンを減らすことで生活の質が向上しました。

 

また別の機会に、どんなグルテンフリーの食材を買っているのかをご紹介します。

遺産相続手続きの流れと相続前に知っておきたい3つのポイント

去年、母が亡くなり、初めて遺産相続を経験しました。

今回はその経験を踏まえて、遺産相続手続きの流れや相続前に知っておきたいポイントをご紹介します。

 

銀行の相続手続きの流れ 亡くなってから書類の提出まで

家族が亡くなると、亡くなった家族の口座がある金融機関に連絡をする必要があります。すると、預金口座が凍結されて、相続手続きが終わるまでは出金ができなくなります。

 

母の遺産は現金のみとシンプル。

ゆうちょ銀行と地元の信用金庫に行って、相続手続きの申請をしました。

 

地元の信用金庫では申請書を記入し、必要書類の書かれたパンフレットをもらいました。

 

ゆうちょ銀行では、相続確認表に記入をして、窓口に提出すると、後日申請書と必要書類の案内を郵送してくれます。

 

そろえる書類の中でも、一番やっかいなのは亡くなった人の生まれてから亡くなるまでの戸籍。

 

数年前、祖母の相続で父が苦労して取り寄せていたのを思い出しました。

祖母が亡くなったのは100歳と長生きだったので、改製原戸籍(かいせいげんこせき)も数枚用意しなくてはいけませんでした。手書きで「誰がこんな字読めるの?」というような古〜い戸籍もありましたよ。

 

改製原戸籍とは、法律の改正により、戸籍の様式が変更になる前に編成された古い戸籍のことです。

市外の役所宛てに返信用の封筒と手数料分の定額小為替を同封し、戸籍を郵送してもらいました。戸籍の手数料の支払い方法は定額小為替で、切手ではだめなんですね。

 

母の場合は、支所の窓口に行っただけで、相続に必要な戸籍をすんなりと取ることができたので助かりました。

 

そして、遺産分割協議書も作りました。

ネットで調べても、特に決まったフォーマットがあるわけではありません。

なので、誰がいくら何を相続するかを記載して、相続人全員が直筆で署名し、実印を押します。

 

必要書類をそろえてから、相続の申し込みに再び金融機関へ向かいます。

 

相続の書類提出から審査終了までの期間は?

相続に必要な書類を提出してから、お金の振込があるまでは、金融機関によって異なります。

sozoku2

地元の信用金庫は、書類を提出した次の日に既にお金が振り込まれていました。

「早っ!こんなに早いとは思わなかった」

超特急で手続きが終わりました。

 

一方、ゆうちょ銀行は、書類を提出して12日後に手続き完了の通知がきました。

相続の審査では、電話で質問されることもなく、無事に終わったのでやれやれです。

 

ゆうちょ銀行は、審査が終わるまで1カ月ぐらいかかると聞いていたけど、2週間もかかりませんでした。書類を提出する時期にもよると思うので、もっとかかる場合もあるのでしょう。

 

こうして相続手続きを開始してから、3週間で母の遺産相続は終了しました。

 

相続前に知っておきたい3つのポイント

相続の手続きを終えて、相続前に知っておきたかったと感じたことがあったので、順番に説明します。

 

1除籍謄本は、死亡届を出してから1週間後に発行される

相続の手続きでは、除籍謄本が必要になります。故人が亡くなったことを証明するためです。

 

除籍謄本は、死亡届を提出してから、1週間ほどたたないと発行されません。

 

それを知らなかったために、除籍謄本を取りに支所に2回行くことになってしまいました。支所からそれほど遠くはないので、まだ良かったのですが。

 

仕事を休んで手続きをする場合は、除籍になっているか確認してから行った方が確実です。

 

ちなみに、除籍謄本や改製原戸籍の手数料は、1通750円かかるので、戸籍謄本を取るよりも高めになります。

 

2認知症の母の口座解約が亡くなるまでできなかった

母は認知症で亡くなるまで、証券会社の口座が解約できませんでした。

 

認知症でも軽度のうちなら、何とかなったのかもしれません。解約しようとしましたが、本人の同意がいると言われました。

 

でも、認知症も進行すると本人の意思確認などとてもできません。

 

残された手段としては、成年後見人制度を使うしかありません。

父が家庭裁判所で資料をもらってきて、一度は検討もしました。

 

しかし、手続きが煩雑の上、成年後見人になってからもかなりの手間がかかるので、少額のお金を解約するためにまでするものではないと判断し、結局そのままになっていました。

 

母は今から17年ほど前、60代後半で認知症を発症したので、相続対策などまだ考えていませんでした。当時は、私もまだ30代だったし、介護がこんな早くにくるとは思ってなかった。

 

最近、三菱UFJフィナンシャルグループで、親族を代理人にして認知症の高齢者の口座からお金を引き出すことができるようになりました。

 

代理人として申請しておけば、親御さんの医療費などを子供が立て替えることなく、親御さんの口座から引き出せるのです。

 

正直、もっと早くにやって欲しかったです!

 

銀行も柔軟な対応を求められる時代になってきています。親御さんが取引のある銀行で、どんなサービスがあるか事前に調べておくといざという時に慌てずにすみます。

 

3二次相続のことを考えて遺産配分をする

一次相続より二次相続の方が相続人の数は少なくなります。

 

相続人が配偶者ならば、配偶者の税額軽減の特例で1億6000万円まで、また、それ以上の遺産がある場合は法定相続分までは相続税がかかりません。

 

一方、子供は3000万+(600万×相続人の数)が相続税の基礎控除額になります。

 

お父さんが亡くなった時に、配偶者のメリットを活かして、一次相続でお母さんが全財産を相続するケースもあるようです。

 

しかし、一次相続で相続税はかからなくても、二次相続ではお母さんが前から持っていた資産もプラスされるため、金額はさらに多くなり、法定相続人は子供だけになります。

 

遺産額が、相続の基礎控除税額を超えてしまい、相続税を支払わなくてはならない場合も…

 

親の金融資産はそれほどないだろうから大丈夫と思っていたとしても、実家の不動産を合わせるとどうでしょうか?

 

相続税を払う人の割合は、約8%ですが、相続人が少ない場合は気をつけた方がいいでしょう。

 

相続は、いきなりやってきます。記事が少しでもお役に立てれば幸いです。

  • その他
家の売却体験談~不動産会社によって査定価格は大きく違う

去年から、売却活動を不動産会社に依頼しています。戸建ての売却は分からないことだらけでしたが、何とか契約までもう少しの所までこぎつけました。今回は、家の査定をお願いした時の査定価格についての体験談です。

売る家(戸建て)について

売りだす戸建ては、築29年の物件です。

家の面積、土地の面積は、広めですが、エリアははっきり言って田舎です。

 

最寄りの駅までは、徒歩20分かかります。バス停は近くにありますが、昼間は1時間に1本しか本数がありません(涙)

「おらこんな村嫌だ〜」と歌いだしたくなるような環境です。

 

家の売却~どこに査定してもらうのか?

私の周りには、戸建ての売却経験者は一人もいませんでした。

そこで、不動産の売却をするにあたって、色々調べることになりました。

kodate-uru

 

ブログで家の売却の体験談を書いている人の記事を読んだり、ユーチューブの不動産関連の動画を見たりして、知識を仕入れました。

 

家の売却活動の最初の一歩は、査定の依頼です。

 

家の売却価格がはっきりしないことには、次の住み替え先のめどもたちません。

転居先は、中古マンションを希望しています。

 

まず、3社に不動産査定を依頼することにしました。

今の家を建ててもらったA社、中小企業のB社、大手のC社です。ネットの口コミを調べたわけではなく、ただ単に知っている住宅会社を選んだのです。

 

訪問査定を依頼すると、査定の日程を決めます。

当日は、営業の担当者との面談と家の査定が合わせて、40分〜1時間ぐらい。

家の中や外回り、隣の家との境界線を確認して、後日、査定結果を持ってきてくれます。

 

査定結果が出るのは、約1週間後でした。

 

家の査定結果は?

さて、肝心の査定結果は、どうだったか?と言うと…

 

今の家を建ててもらったA社→3社の中で、飛びぬけて安い。全く話にならんわ。

 

中小企業のB社→A社よりは、1000万円高い査定だった。でも、査定後に営業のフォローの電話がなかった。

 

大手のC社→査定額は、B社と同じぐらい。でも、今の家を解体して更地にする条件なので、解体費が300万円余分にかかる。

 

何とも悩ましい結果になってしまいました。

 

この3社の中で、条件が一番良かったのはB社。でも、査定結果をもらってから、一度も連絡がない会社に頼むのははっきり言って不安です。やる気あるんかい?

 

そこで、もう一社だけ査定をお願いしてみることにしたのです。

 

今度は、ネットで調べた挙句、評判がいいD社。

D社は、査定額を出すのも早く、2日後には持ってきてくれました。

 

そして、驚くことに、D社の査定額はB社をさらに上回る金額でした。

不動産会社によって、査定額がこんなにも違うとは!

heya

 

もし家を売却するなら、4社以上から査定を取ることをおすすめします。

 

一括査定できるサイトもあります⇒あなたのお家、今いくら?不動産一括査定で最高価格を知ろう!

 

不動産業者の中には、契約を結びたいがために、相場よりはるかに高い査定額を出す場合もあるので、他社と比べて高すぎる査定には注意です。

専任媒介契約を結ぶ

最終的には、D社と専任媒介契約を結ぶことに決めました。

 

不動産の売主が、不動産会社に仲介をお願いする時は、媒介契約を結ぶ必要があります。媒介契約には3種類ありますが、一般媒介契約か専任媒介契約のいずれかを選ぶ人が多いようです。

 

一般媒介契約は、複数の不動産会社に依頼することができますが、専任媒介契約では1社のみと契約をします。

 

一般媒介契約 複数の業者に依頼できる。契約期間は自由。依頼者への報告義務はなし。指定流通機構への登録義務はなし。
専任媒介契約 複数の業者に依頼できない。契約期間は3ヶ月。依頼者への報告義務は2週間に1回以上。契約日から7日以内に指定流通機構へ登録しなくてはならない。
専任専属媒介契約 複数の業者に依頼できない。契約期間は3ヶ月。依頼者への報告義務は1週間に1回以上。契約日から5日以内に指定流通機構へ登録しなくてはならない。

依頼者とは、不動産の売主のことです。実際、営業活動の報告書が2週間に1度、郵送されてきました。

 

指定流通機構とは、国土交通大臣が指定する機関で、不動産会社は、契約した物件情報を一定の期間内に登録するように決められています。

 

専任媒介契約後に何をする?

D社と契約後に、家の検査(インスペクション)が行われました。不動産会社から依頼を受けた業者が床に傾きがないか一部屋ずつ調べたり、白アリが発生していないかなどを確認するものです。

 

そして、営業担当者が、不動産のサイトに載せる家の外観や室内の写真を撮りに来ます。

前もって、見栄えの悪い物をクロゼットに隠したりして体裁を整えてはいたけど、洗面所やキッチン、お風呂は、物を置いていない状態にしてほしいと言われたので、その場で急きょ片付けて撮影してもらいました。

 

さらに、土地の測量もしました。今の家を建てる時にも測量は当然しましたが、30年も前なので、再度測量する必要があるようです。

 

さてさて、やっと家の売却活動が始まるのですが、続きはまたの機会にします。

ホームPage 1 / 212