断捨離した服の枚数は?断捨離から失敗しない服選びのコツを発見

私は数年前に断捨離をして、枚数を半分ほどに減らしました。

最近着られなくなった服が増えてきたので、断捨離をまた始めることにしました。

 

すると、断捨離から失敗しない服選びコツも見えてきたのです。

 

「服の所持数は何着?」まず現状を知る

8年前に断捨離をしてから、あまり服を処分した記憶がありません。
服を頻繁に買わない人でも、減らさなければ自然に増えていきます。

 

「果たして何着の服があるのか?」

クローゼットの服の枚数を数えてみました。ただし、インナーやパジャマはカウントしていません。

 

服の内訳
・ニット 30着
・トップス 38着
・ボトムス 26着
・ワンピース 2着
・ジャケット 6着
・コート 1着
・ブルゾン 2着
・その他アウター 3着
・フォーマル 3着

 

トータルで111着もありました。

あまり服を買わない私でも、100着を超える服を持っていたのです。
服が好きな女性だったら、200着、300着を軽く超えるのではないでしょうか?

 

トップスの詳細は、シャツ&ブラウス18着、プルオーバー3着、カットソー11着、Tシャツ3着、その他3着。ボトムスの詳細は、スカート22着、パンツ4着でした。

 

断捨離する服を選ぶ

最初に手持ちの111着の服を、1年以内に着たかどうかチェックしてみました。

 

すると、およそ半分の服は着ていないことが判明。と言うことは、私は服が50数着あれば生活はしていけるようです。

 

特に収納ケースの奥の方にあった服は、存在すら忘れている始末。手前から中央あたりしかいつも見ていなかったんですね。早速、断捨離をする服を選びました。

 

袖の短いサマーニット

夏の冷房対策に長袖のカーディガンは重宝しますが、半袖のカーディガンやノースリーブのニットは活躍の場がありませんでした。

 

ディナーショー用の服

30代の頃、ディナーショーに着ていった服。1度着ただけで、着る機会がなく今に至ります。

 

白いブラウス

20代の頃に着ていた白のブラウス。いつか着るかもと思いつつ、着る機会がなかった服です。

 

デザインが似あわなくなった服

フリルのついている可愛いらしい服は、年齢的に似あわなくなってきました。悲しいけど、年齢を重ねるにつれて着られない服が増えていきます。

 

デコルテの開いた薄手のセーター

寒い時にも着れず、暑い時にも着れず。ここ数年は、寒暖の差が激しいため、買ったものの着る機会がなかった服。

 

dansyari1

 

その結果、処分する服の枚数は21着になりました。市のリサイクルセンターに持込みをするので、捨てるわけではありません。再利用されるのはうれしいことです。

 

内訳は、シャツ・ブラウス6着、スカート2着、トップス7着、その他アウター1着、ジャケット1着、ニット4着。

 

その結果、私の服の所持数は90着になりました。まだ断捨離する余地があるので、これからも定期的に減らしていかなくては。

 

長く着られる服を買うコツは?

断捨離対象になった服から、今後の買い物に活かす反省点が見えてきました。
今後、断捨離する服を減らすためにも、長く着られる服を買うコツを考えてみました。

 

特別な日の服はレンタルを利用する

特別な日の服は、レンタルを利用した方がスマートです。たまにしか買わない服は、確実にたんすの肥やしになります。

さらに、年齢と共に体型も変わり、似合うデザインも変わるので、結局着られない服になってしまいます。

 

流行を追いすぎない

トレンドの服は素敵に見えますが、着られる期間は短いです。

それに、トレンドのデザインは誰でも似合うわけではありません。せっかく買っても、結局あまり着ない羽目になってしまいます。

 

ファッションが好きな人は買うのもいいでしょうが、シンプルライフを目指す私はトレンドはあまり追わなくてもいいかと思うようになりました。

 

似合う色、デザインを知る

自分が好きな色やデザインが、似合う服とは限りません。パーソナルカラー診断と骨格診断を受けてからは、似合う色、デザインが把握できたので、買い物の失敗が少なくなりました。

 

特にトップスは顔に近いだけに、似あわない色と似あう色では印象がガラリと変わります。見た目の印象もグンと良くなりますよ。

 

前回の断捨離からずいぶんと期間があいてしまったので、もっと定期的に見直しが必要だと感じました。あなたは、何着の服をお持ちですか?